株式用語のブログ

株式用語を(できれば)毎日紹介していきます。株式以外にも投資用語やネットで見つけた面白い言葉なども紹介。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

差金決済 

差金決済(さきんけっさい)

【英語名】
Settlement on balance

【解説】
現物の受渡しをせずに反対売買の差金のみ決済を行うこと。
株式取引では差金決済は法律違反となり禁じられている。

例:
証券会社に100万円入金し、当日中に80万円の株を買い、85万円で売ったとする。
そして、当日中にもう一度同じ銘柄を85万円で買い90万円で売ったとする。
この時点で、3営業日後の買い付け代金受け渡し時に、165万円の買い付け代金が必要となり、65万円の入金をしなければならないが、同じ受け渡し日に175万円の入金があるので、この入金で買い付け代金を相殺すること。

※1
同じ日に別銘柄で差金決済を行う場合は法律違反にならないとされます。

※2
差金決済の条件は各証券会社により違います。

【使い方】
A「だぁ!デイトレしてたら買った銘柄が売れない!!」
B「あ~ソレは差金決済って言うんだよ」
A「どうしよう!下がってるのに売れない」
B「あきらめなさい・・・」
スポンサーサイト
[ 2006/06/13 01:38 ] 株式用語 | TB(0) | CM(4)
>株式取引では差金決済は法律違反となり禁じられている。

現物株の場合はそうですが、信用取引の場合は信用枠が残っている限り、何往復でも可能ですよ。
[ 2006/06/14 17:37 ] [ 編集 ]
こんにちは、ご指摘の件ですが各証券会社により信用取引の規約が違い、当日に売却できない証券会社もあるそうです。ただ、ネット証券の場合、デイトレーダーなどの短期投資家が多いので、そんな証券会社はないみたいですが^^;
[ 2006/06/16 10:41 ] [ 編集 ]
間違ったコメント書いてましたか(汗。

>枠が残っている限り、何往復でも可能

というより、枠が残っている限り別の資金として扱われるため、総量で同一銘柄を現物の3.3倍まで買えるということでいいんですかね。

つまり小口に分けて買うと何度も買って、売ってを繰り返しても枠の範囲ないなら新規の資金として扱われるということかもしれません

(新規資金で買えば現物でも何でも売買できますから、それと同じことですね、同一の資金では無制限に売り買いできる訳ではないということで勘弁)

詳しく調べないで感覚で書き込んでました、申し訳ない。
[ 2006/06/16 19:43 ] [ 編集 ]
こんばんは、あまり気にしないで下さい。自分も間違った内容の記事を書いちゃう時がありますから^^;

それに、こうやって指摘していただける事は、大変ありがたいです。自分で気づいてないときなんかありますし・・・

これからも間違いなどを見つけたら遠慮なくビシビシ突っ込んでください。

[ 2006/06/18 00:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カウンター

2006/5/28設置

お気に入りへの追加

プロフィール

ペンペン

Author:ペンペン
毎日更新したいんですが、プライベートが多忙で毎日は無理かもしれませんが宜しくお願いします。

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。